WBS第二戦

2020-09-15 23:01:48

本当にキツかった。

WBSのボーターとして参戦して3シーズン目。霞ヶ浦に通い、思い通りの結果はなかなか出ないけど、練習、試合を通してそれなりに成長を感じていました。

しかーし。それは儚くも今回の試合で打ち砕かれることに。。。

6月から好調だったコイケシュリンプBIGの薄毛チューンパターンから、季節が進行するにつれてサイズは選べないけど、オリジナルコイケシュリンプの2.7gジグヘッドがかなり安定して釣れてました。 

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

石積み周り、杭、アシ、ブッシュ周り。どこでもフォールとスイミングでコンスタントにバイトが出せていて、みんなが口を揃えて釣れないという中で、シメシメと思っていました。。。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

濁り対応はスタッガークローのマンデクローで!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

試合前週まではそんな感じだったのですが、試合前日プラで本命エリア以外の全域を同じ釣りで様子を見ると、あれだけ簡単に取れたバイトが出ない。水温は雨と北風の影響で前週からマイナス2〜3度の27度代。

異変を感じつつも、試合当日のコンフィデンスを失いたくないという気持ちから、これは捨てエリアを探っているからだと、都合よく自分に言い聞かせていました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

そして2daysの第二戦初日。本命エリアを周るも全くのノーバイト。途中、サーチがてら別の釣りでバイト!が、カバーの奥すぎてミス…パートナーの中澤君が魚探を見ながらミドルの魚に食わせるも惜しくもバラし。

あっという間に初日が終了。

サーフェイスからミドル、早い釣り、遅い釣り。2日目に何とか手がかりを見つけるため様々試しましたが何も見つけることが出来なかった。。。パズルの1ピースが決まらないと次の一手が導き出せないのがバスフィッシッング。魚の見えない霞ヶ浦だからなおさら…

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/09/15

2日目、状況が変わっていることを祈りながらまずは前日と同じことを。しかし、前日より悪化してる?という状況。前日反応のあったカバーの奥、ブレイク。何でそこで食ったんだ?グルグルずっと考えながら様々な事を試しましたが無!今は何となく分かりますが当日は答えに辿り着けませんでした。

最後の最後に捨て身のミシガンアタック(私のトーナメントシークレットw)で、パートナーの中澤君が貴重な魚をキャッチしてくれて、成績云々よりも、「俺らこのまま呪われたままでこの後の釣り人生どうする?」みたいな話をしていたので、2人で雄叫びを上げて喜びました。

2日間不甲斐なくて申し訳ない!

コイケシュリンプの2.7gジグヘッド。あ、最後まで読んでくれた方にはちゃんと。ケイテックさんの4本ブラシが付いたやつです。アレがバランス最強。今回はハマらなかったけど、通常のコンディションではかなりの手応えを感じているやつなので是非試してみてる下さい。

今回はこんな感じでしたが、チャンスは絶対来るはずなのでメゲずにチャレンジします!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_sk

 

coike_shrimp_new

コイケシュリンプはスモラバスティック!

2020-08-30 22:45:50

今シーズンは完全にコイケシュリンプ星人?コイケシュリンプ野郎?と化している私。。。

何故ならばBIGが追加になったことで霞ヶ浦においてカバー出来る釣りの幅が非常に広がったから。

使い方を踏まえてコイケシュリンプを言いかえるなら

スモラバスティック!

霞で出番の多いスモラバとスティックベイト。私も大体両方リグってデッキに積んでいたのですが、今は最初に使うのがコイケシュリンプ。

反応が薄ければ、天気やベイトの状況などを見つつ

シュッとか、クネクネフォールに反応が良さそうならスティックベイト。

一点で強めにフワッフワッとアピールさせたい時、スカートの強い水押しでフォールさせたいときはスモラバというようにシフトしています。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/30

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/30

そうする事で、魚の状況が絞りやすい!

ボトムではこんな感じでちょっと浮いて生き物感を醸してます。これ釣れる一つのファクターな気がしてます。(写真は薄毛チューンのBIG)ステイもズル引きも得意。

ピリピリ、ボディ全体で水を押しながら動くからバスにも気づかれやすいし、シルエットをボカす効果も。何より毛がガードの役割をするからカバーでの半スタックな誘いなんかは使い手次第で凄い武器になると思います。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/30

ジグヘッドみたいに頭から沈めるか、ノーシンカーやネイルリグみたいに水平フォールさせるかで全然別物に。吊るしも実績あり!

現在はBigからminiまで3サイズ展開。

まだminiは使い込んでないのですが、ダウンショット、キャロによさそうですね!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/30

最後に、より釣れるように仕上げるためのおまじない。コイケシュリンプをシャカる!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/30

一室式のブリスターパッケージだから、私は数種類のフォーミュラを垂らしてシャカシャカブレンド。1日くらい置いて数種類のパウダーでシャカシャカと仕上げてます!

やらないより50倍ぐらい釣れる気がしますね!メンタル大事(笑)

本気で今シーズンのトーナメントはコイケシュリンプ縛り宣言しようかなと思ったぐらいです(笑)色々使ってこそバス釣りなのでやらないですけどね!

 

SNSでもコイケシュリンプ情報沢山あげてますので聞きたいことがあればお気軽にコメント下さいね!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_sk

coike_shrimp_newcoike_shrimp_bigcoike_shrimp_mini

コイケシュリンプって釣れるね(笑)

2020-08-23 09:24:21

灼熱の開幕戦が終わり、先週は暑さにうんざりして避暑地に逃亡(笑)

山中湖→軽井沢

 

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

涼しくでサイコー!

高原の森の中に霞ヶ浦みたいなレイクがあればなぁ…と熱中症なのかアホな妄想をしてました。

さて、そんなバカンスも先週だけ。次の試合も近づいているので今週はちゃんと霞に出勤です。

とりあえず試合の3週前ぐらいまでは自分的にはネタの仕込み期間。新たな引き出しを見つけるために閃いた事を試します。

試合が近づくと魚を探す方に意識が向いてなかなか新しいことに手をつけづらくなるので。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

そしてイメージどおりに。

というか、イメージ以上に。。。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

コイケシュリンプビッグがリリースして、あ、これ釣れるルアーだな(釣れるルアーとは、自分の中でセンコーとかスピードクローとか誰が使っても釣れるモノを指します)と思い、レギュラーサイズのコイケシュリンプをあらためて使ってみたら凄く反応が良いので、現在使い方を色々試してます。

これは前の試合のプラで使ったネイルリグ。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

これはジグヘッド。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/23

コツは、見た目は奇抜だけど難しいこと考えないで使うことです(笑)

タフレイクとして名高いw霞で使い込んでるからこそオススメできる「ほんと釣れるわ〜」なルアーです!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_sk

 

coike_shrimp_new

WBS2020開幕戦!

2020-08-10 20:15:00

2回の延期を経て、やっと開催!

全員抗体検査、直前の体温チェック、消毒、マスク着用など万全の体制で迎えた開幕戦。

トーナメントのニューノーマルとも言える初戦でした。

今年からは吉田さんも参戦!そしてナベアキさんも!

同じトーナメントに出られるときが来るとは。何気に感慨深いです。。。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

本部、関係者の方々はこの開催に向けて本当に苦労されたと思います。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

スタートはいつもより遅めにはなりましたが、久々に高ぶるこの感じ、この雰囲気を感じられることに感謝!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

スタート直前まで、いく場所は決めない。これが最近のスタイル。当日も、本湖で霧が濃く、前を走る船がスピードを落としていたのを見て迷っていた方2つのエリアの一つに入ることに。

朝イチ、プラクティスから目をつけていたブッシュで幸先良くキャッチ!でも、練習では全然釣れなかった500gぐらいの魚(汗)

その後すぐ、ローライトの中、とあるスポットの風の当たり方的にベストな感じとなり、パートナーに「ここ釣れそう」と2回ほど言ってその通りにラインが走りキロアップをキャッチ!

実はこの辺の感覚は1か月以上毎週プラクティスしていて冴えていて、釣れると思ったタイミングで釣れるある意味、仕上がった状態にはなっていました。

そのあと、日が昇り予報通りの暑さに。

ただ、晴れてシェードが出来てからは数は出なくても、出れば1500アップ確率が高いパターンも見つけていたので、焦ることなくロングラン!

しかし、いく先々でバイトは出るものことごとくショートバイト!プラクティスでは高確率で機能したビッグバスパターンをはめる事は出来ませんでした。

勝負の難しいところであり、面白いところです。いつか勝てるようにコツコツ霞に通います。

HUフェイスカバーは鼻口周りに空間があるのでサラサラ。苦しくなくて本当最高!手放せません。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

パートナーはメガネのスエナガの末永さん。人生の大先輩だけど、この暑さの中、凄い体力です…。お疲れ様でした!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

蓋を開けてみればWBSとしては、超ローウエイト戦。チャンスでした。。。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

 

こんな素晴らしい機会を用意してくださる協賛スポンサー様、WBSスタッフ、関係者の皆様にただただ感謝。次戦も開催出来ることを祈り自分に出来る準備をします!

 

試合後は霞ヶ浦に留まり、無事最後まで戦わせてくれた相棒をキレイにしました。木曜から霞インしてたので5日目か(汗)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/08/10

次の試合に集中出来るように、しばらく仕事に打ちこみます!自分にとっては仕事もトーナメントライフの一部ですからね!

プラからの釣り方などは次回書きますね!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_sk

facecover2020

やっと試合モードに

2020-07-31 22:56:02

WBSの試合が万全の対策のうえ開催される方向です。

選手、スタッフ全員抗体検査で陰性でないと参加できません。

私も無事陰性でした!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/31

なかなか集中出来ない中でしたが、練習では今の魚は追えている気がします。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/31

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/31

コイケシュリンプビッグ頼りなんですけどね。。。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/31

梅雨明けで一気にコンディションが変わるのは明白なのでどうやってアジャストするか?!

明日はこの方に稽古つけていただきます。

おやすみなさいzzz

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/31

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_sk

coike_shrimp_big

コイケシュリンプビッグの秘密

2020-07-24 23:44:29

今年の梅雨は長い!ジメジメ。

もうちょっと日が差す時間があったほうが生き物も活発になりそうですね。

さて、霞ヶ浦の状況ですが、先日から始まった周辺の田んぼの農薬散布、それが雨で湖にも流れ込みバスもちょっとナーバスとのこと!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/24

そんな厳しい状況ですが先日お伝えしたコイケシュリンプビッグ。まだまだ煮詰めていきます!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/24

試合用に追加で送ってもらうぐらいベタ惚れのコイケシュリンプビッグ。

今回は、先日感じた霞ヶ浦でよコイケシュリンプのキモ?について書きます!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/24

前のブログにも書きましたが、私はパッケージから出してそのままは使わず(ひねくれ者…)「薄毛チューン」をして使ってます。

これは、今の霞ヶ浦のバスのメインベイトであるスジエビ、テナガエビをイミテートする意味ももちろんあるのですが、それよりも、水深50㎝〜1mぐらいの水深で、美味しそうに落ちるということを意識しているためです。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/24

フックの番手、付け方、毛のトリミングを変えて肉眼で見ていい感じ!と思えたのが、逆刺し、そして、テールのヒゲ側の毛を刈り込みフックを装着したときに水平フォールするバランスに調整しつつ、残りの毛も、ボリューム感のと、フッキングを鑑み間引いてます。(この辺はフィーリングなのでお好みで!)

そうすると水中ではこんな感じに。。。ボトムで立つんです。そんなワーム他にありますっけ?

https://youtu.be/3eeQWS-t2rg

フォール時の毛のピリピリが効いているのは間違いないと思いますが、私が注目しているのが、着底後、毛が水をスパイクして移動距離を抑えていること、そして逆付にすることで、さらにその場に留まろうとする動きになります。

霞ヶ浦だと、キャストの距離はピッチングでせいぜい2〜3m。着底後、チョンと軽くロッドを煽って、ラインスラックを出してフォール&ステイ。これでルアーの移動距離はかなり短いままアピールし続けられます。

先日コイケシュリンプビッグがハマったときは、結構風が強く(そういう場所の方がバイトが出た)、通常のスティックベイトでは、ラインが少し流されると追従してルアーも不自然に動いてしまうような状況。そんな中バイトが集中したのは風の中でも不自然に動かずアピールし続けられる点にあると感じました!

ちなみに、逆刺しするもう一つのメリットとしては、頭が裂けにくいので2〜3匹釣っても使えるコスパの良さ!あと、ゲイプがボディの細い部分にくるのでフッキングが良い。

使い方としては通常のノーシンカースティックベイト同様、アシ際に落としていくのが基本ですが、裏技として、ブッシュの中に放り込み吊るしで誘うテクニックがあります。

通常、テキサスリグやジグ、パワーフィネス系のリグを入れたくなるようなブッシュでも高比重マテリアルと毛がガードの役割をする恩恵で、カバージグ並のすり抜けと、ノーシンカーのナチュラルさをいいとこ取りしたような使い方が可能です。これについてはかなりの手応えを感じているので多分もう書きません(笑)

まだまだ他の使い方もありそうです!

 

◎霞ヶ浦でのおすすめタックルセッティング

ロッド:マッカ610MH+(パワーノーシンカーゲームではもはや手放せない存在)

ライン:12〜14ポンドフロロ

フック:#3/0(順差しでは#4/0ですが、逆刺しは#3/0でOK。私はイチカワフィッシングのマッスルフックを使用してます)

是非試して見て下さい!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

 

 

coike_shrimp_bigmacca

霞ヶ浦でも炸裂!コイケシュリンプビッグ!

2020-07-17 00:24:27

琵琶湖でも釣れ釣れのコイケシュリンプビッグ!

霞ヶ浦で使ってみたらビッグバスが連発!船中上から5本で余裕の6キロ超えと

久しぶりにいい釣りができました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/16

この時期のバスは回復系でめちゃ引く!なぜなら恐らく栄養たっぷりのテナガエビを食べているから。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/16

コイケシュリンプビッグのボリュームは霞ヶ浦ではまさに栄養たっぷりのテナガエビなのかも。

ロッドは自分的に高比重ノーシンカーには欠かせないMACCA 610MH+

パワーのあるバットと追従性の高い粘るブランクス。
フルフッキングでビッグバスの硬い口を貫通。

掛けたあともしっかり粘りながら魚をリフトしてくれるからバレない!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/16

 そして今回、湖上でのフィーリングでコイケシュリンプビッグに細工を施してました。

その名もコイケの【薄毛チューン】(笑)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2020/07/16

ふざけているわけではありません!ボート上で釣れるフォールスピードと姿勢を追求した結果なんです。水深50センチの勝負。

薄毛チューンと今回気づいたコイケシュリンプビッグの他のルアーにないメリット、キモは次回!

 

★SNSも更新していますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/yasunobusakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

 

 

 

 

coike_shrimp_bigmacca